サムスンやLGは日本企業を超えたと東大教授は語り

サムスンやLGは、地域のニーズにマッチした少量多品種生産を効率的に行なえるようにビジネスモデルを組んでいるらしい。


良品質・単一製品・大量生産・コスト低下に最適化してきた日本企業とは根本的にモデルが違うので、日本が真似しようとしてもそうそう上手くはいかないだろうと、なんとかいう権威のある東大教授がコメントしていた。

F1のタイム計測も今やLGだから、電機ではもう日本を越えているというのは大げさな話でもないだろう。


デフレ基調の中で飛ぶ鳥を落す勢いのファストリーディング(ユニクロ)は、ロッテと提携して、韓国に大規模展開すると発表していた。
ロッテはもちろんあっちの企業だ。


仕事が細くなっていく一方の今日この頃だが、あっち側とのパイプが太い企業を選んでいけば、生き残れるかも知れない。


リーマンショックの時はウォン暴落で、二度目のIMF管理目前という有様だったのが、よくまあこんなに盛り返したものだ。
逆に言うと、世界同時不況からの建て直し方が、日本がいかに下手を打ったかということになる。


2月のG7で、中川財務大臣はIMFに外貨準備金の一部(1000億ドルを拠出する取り決めに正式に署名ってなってて、開催国のイタリアの財務大臣は日本の決断を絶賛したそうだが、ほぼ同時期に米国債を100兆円規模で購入するかどうかって話も上がっていたのは、半分も買わなかったらしい。


そこでドル拡張に十分に貢献しなかったことで、自民党というか日本は見限られてしまったのではないだろうか?


そろそろ景気上げるから、おまいらサイフ開けやゴルァと要求してくるアメリカはまぁ酷いもんだが、それに乗らなかったせいで乗り遅れて没落の道に入ってしまったのだとしたら、中川は百回腹切って詫びたとしても間に合わない。


WiMAX キャンペーン


ちなみに2010年のG20議長国は韓国。